スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月19日(日) 北港

 

朝の予想気温は-2℃・・・

やめときゃエエのに、風はそんなになさそやし~って一番船でお出掛けしてきました。

実際、移動前までは風もほとんどなく、お日様出てきたら背中に貼りまりのカイロで暑いくらいでした。

Y子お姉ちゃんが「朝、足元にこぼした水が凍ってる」と言っていたので、体感以上に気温は低かったようですが・・・

 

まずはヨットの外向き・・・足場の広いスリット側でフカセです。

動いてるのか動いてないのか分からないくらいのスピードでゆ~~~っくりとウキが流れていきます。

全く動かないよりはマシかな?と、底を切った所を流していくのですが・・・

前も際も反応がありません。

何度かエサが無くなっていたのですが、アタリあった??

暖かいし、足場も広いので、のんびりモードに入ってしまい、ちょっとダラダラしてしまいましたが・・・

 


 

ベタベタでそこそこ透けていたのを利用し、固定ウキ状態にして仕掛けの動き方を観察。

ウキに対して仕掛けが潮上と潮下にあるのはどう違うのかな?とか・・・

よく分からないけど、それぞれ違うのは分かったかも?

 

そんな感じで時間が過ぎ、11時に橋桁へ。

昨日は干潮時刻から良かったので、ちょうど今から?なんて期待しつつ、昨日と同じ橋桁へ。

潮が昨日の終了間際と逆へぶっ飛んでます・・・ムズカシイかも。

それより寒過ぎ!

柱の影でお日様当たらないし・・・

 


 

柱から回りこんでくる風が直撃で、さらに寒さが・・・

あまりに寒かったので、お日様当たる場所に移動。

昨日良かった基礎の壁狙い・・・狙えへん。

向かい風で仕掛けが飛ばないし、ガンガンの当て潮で仕掛けが馴染む前に足元まで流れてきてしまう。

撒き餌も飛ばないどころか、自分に掛かるし・・・最悪や。

風を背中や横から受けるようにすると、仕掛けが潮に引っ張られまくったり、竿が風を受けまくって、竿がめっちゃ重くて持ってられへん・・・

底取りしようと3号のオモリを付けて落としてもガンガンの潮に流される状態なので、ハリスにオモリを打ったくらいじゃどないにもならんし・・・

いっそのこと潮に負けないオモリを付けて、ハリスも短くして、底まで落としたろか?なーんて一瞬考えもしたけど、それってフカセじゃない気が・・・

風でラインのトラブルも多発・・・でも指先冷たくて直すのも一苦労。

アカン・・・釣りにならへん。このままじゃそのうち穂先でも折りそやわ、もう止めよ。

風でお片付けも一苦労、14時にお客さん全員お帰りでした。

まともに釣りしてませんが、こんな状況にまた遭遇した時、どーすれば?って考えるきっかけにはなりました。

こうしてブログを書いている時にあーすれば良かったかな?とかこーしてみたらどうやろう?って思い浮かぶことも多いですね。

それを試してみたくて、またすぐに行きたくなり、釣れなくても、寒くてもまた行っちゃうんですよね。

落とし込みにしてもフカセにしてもキツイ風は苦手やわ・・・心が折れる原因No.1です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumi-chan

Author:kumi-chan
甲子園在住
釣りと野球が好き
Oland Adviser
出没ポイント:
大阪・北港
甲子園球場

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。